JUNYA WATANABE COMME des GARCONS MAN ジュンヤワタナベ コム デ ギャルソン マン

2019-20年秋冬メンズコレクション

デザイナーの渡辺淳弥と同年代か、それよりも上の年代の男性に向けて作られたという今回のコレクション。穏やかで陽気な音楽とともに現れたのは、クラシックで穏やかなアメトラを思わせるジャケットや、アンクル丈のパンツに身を包んだ年配の紳士たちだ。ジャケットは前後で異素材に切り替えられており、格式張らない緩やかな雰囲気がランウェイ上に流れている。ウォーキングするモデルも終始リラックスした様子で、中には手を振ったり、ランウェイの途中で立ち止まってポーズを決めたりして注目を集めたモデルも登場した。

ハイブリッド&パッチワーク

鍵となる要素は、ハイブリッドパッチワーク。身頃をウール地で仕立てたジャケットには、キルティングレザーや柄ニットで仕立てた袖や、MA-ジャケットの袖などが繋ぎ合わせられている。また、バックにもチェック地やニット地、カモフラージュ柄ファブリック、中綿を入れたキルティングなどがパネルで配置されており、多様な要素を1着のジャケットに混在させている。

くるぶしを見せるボトムス

広告

ボトムスは、ストレートなシルエットがメイン。ロールアップさせ、靴下を見せるようにして着用された。特に、褪せたような色彩の表情豊かなデニムパンツが、散見された。無造作にダメージを与えたり、足の大半を覆うように大胆なパッチワークが施されたりと、遊び心のあるデザインが親しみやすさを演出する。連ねるように、異なる柄の生地をパッチワークしたパンツは、継ぎ接ぎのようにも見え温かなクラフト感を感じさせる。

カナダグースのジャケット&ニューバランスのスニーカー

前シーズンに引き続き、コラボレーションアイテムも登場。カナダグース (CANADA GOOSE)のジャケットは、ポケットのフラップに施されたリフレクターや、前身頃に複数配したDリングなど、実用的なディテールが光る1着。深いグリーンの色彩が、アクティブなウェアに落ち着いたムードをプラスする。その他、デニムはリーバイス(Levi's)と、帽子はベトン シレ(BETON CIRE)とコラボレーション。ターンブル&アッサー(Turnbull & Asser)とタッグを組んだウェアも登場する。

また、ニューバランス(New Balance)のスニーカーにも注目。ブラック、グレー、ホワイトの3色を切り替えたコンテンポラリーな印象のモデルや、ブラックとホワイトがコントラストを描くデザイン、クラシカルなベージュを基調としたシューズなどを揃えた。